「お帰りなさいませ、親方さま!」戦国メイドカフェ登場 - EUROPA(エウロパ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「お帰りなさいませ、親方さま!」戦国メイドカフェ登場

0926.jpg
最近(一部の)女性の間で歴史ブームが起こっていて、そういう方々を歴女と呼んでいます。その歴史ブームに乗って「戦国カフェ」なるものができるだろうななと予想していたんですが、やはり登場してしまいました。

スポンサーリンク

引用:アキバに今度は「戦国メイドカフェ」登場! 武装した女の子のご奉仕とは?
http://trend.gyao.jp/entertainment/entry-307683.html


メイドカフェといえば秋葉原だが、ここにまた斬新なコンセプトを持つ一店が誕生した。その名も戦国メイドカフェ&バー「もののぷ」。どうやら戦国時代をコンセプトに、武装したメイドさん達が給仕を行ってくれるという新手のサービスのようだ。実際にどのようなものなのか、体験取材を試みることにした。

同カフェのコンセプトは、戦国時代に織田信長や豊臣秀吉らを影で操り、天下を我がものとした幻の武将「萌田のぷ長(もだ・のぷなが)」の元に、各地から人質として差し出された姫たちが給仕を行うというもの。入店するやいなや、姫たちによる「お帰りなさいませ、親方さま!」といった元気の良い挨拶に歓迎される。

続きは引用先から


「各地から人質として差し出された姫たちが給仕を行う」という設定はどうかと思いますけどね・・・。あと、「親方さま」ではなくて「お館さま」が正しい漢字ですよ。まぁ、誤字を指摘できる立場の人間ではないんですが。

さて、続きを読んでいこうと思います。

ちなみに、同店の一番人気のメニューは「関ヶ原天下分け目の合戦丼(1200円)」。温かいご飯の上に牛肉と豚肉が半分ずつ、まるでその領地を分かち合うかのように添えられた一品料理である。まさに天下分け目の“肉”合戦。マヨネーズとの相性もなかなかだ。

料理をいただく前には、姫たちによる「美味しくなるおまじない」が見ものだ。ちなみに筆者が体験したのは刀を左右に振るようなポーズを取り、最後に「ニャンニャン」と声を発するというもの。また、それぞれの姫に特有のおまじないがあるそうなので、彼女たちによるさまざまな種類の「おまじない」を体験するのも一興である。


「刀を左右に振るようなポーズを取り、最後に「ニャンニャン」と声を発する」
・・・なんかよく分からないお店ですね。そのうち毒見をするサービスが始りそうです。

こういったメイド喫茶系はブームが去ったというか、秋葉原でも随分お店が減ったと聞いたことがあります。このお店は来年まで落城せずに残っているのでしょうか・・・。

戦国メイドカフェ&バー もののぷ
Photo credit:Gyao


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
No.209 名無しさん 2009-08-13 22:26

「お屋形(館)さま」じゃないの?

No.210 名無しさん 2009-08-13 22:39

親方さまwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
俺もガキのころ間違えてて親にバカにされたwwww

No.211 名無しさん 2009-08-13 22:40

親方さまwwwww
俺もガキのころ間違えてて親にバカにされたwwww

コメントを書き込む

トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/664-3cc15c7f

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。