衛星特集「タイタン」 - EUROPA(エウロパ)

衛星特集「タイタン」

1147.jpg
今回紹介するのは土星の衛星「タイタン」です。太陽系にある惑星の中で2番目に大きく、そのサイズは惑星である水星よりも大きい星です。

引用:タイタン (衛星) - Wikipedia

名前はギリシャ神話の巨神族ティタン(英 タイタン)に因む。日本では当初、チタンあるいはティタンと呼ばれていたが、近年ではタイタンと英語読みで呼ぶことが多い。

土星最大の衛星で、その直径は約5150km。惑星である水星よりも大きい。かつては太陽系内にある衛星の中で一番大きい、とされてきたが、最近では木星の衛星であるガニメデに次ぐ大きさであると考えられている。

タイタンの特徴は衛星を包む濃い大気と雲であり、表面気圧は地球の1.6倍、大気の主成分は窒素(97%)とメタン(2%)であることが計測されている。重力が大きく低温(分子の運動エネルギーが小さい)のため重力で大気(窒素分子)を引きとめておくことができていると考えられる。

土星最大の衛星タイタンは直径約5150km。平均温度-179度と極寒の星には液体メタンの雨が降り、地表を侵食してできたメタンの川や湖が存在します。地球と衛星タイタンは平均温度、水ではなく液体メタンという違いはあるものの、地球と似た気象現象が発生しているともいわれています。

2004年12月24日、カッシーニに搭載された小型探査機ホイヘンスをタイタンに投下しました。こちらがホイヘンスが撮影したタイタイの映像です。地表に転がっているのは氷の塊らしいです。



タイタンと地球のサイズ比較
5923.jpg
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書き込む
※記事に関する質問以外、管理人は返信を行いません。
非公開コメント

トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/779-43503790

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.