衛星特集「トリトン」 - EUROPA(エウロパ)

衛星特集「トリトン」

1550.jpg
「トリトン」は海王星を公転している衛星で、直径は約2700km。また逆向き軌道で公転しているトリトンは、今から1.6~3.6億年後には海王星に衝突するか輪になると考えられています。

引用:トリトン (衛星) - Wikipedia

 トリトン(Triton)は海王星最大の衛星。太陽系全体でも7番目の大きさ。海王星の発見からわずか17日後にウィリアム・ラッセルによって発見された。名前の由来はギリシャ神話、ポセイドン(海王星)の息子トリートーンから。

 太陽系にある直径2000km以上の衛星では唯一の逆行回転公転軌道を持つ衛星であり、トリトン以外にも逆行軌道を持つ衛星は発見されているが、トリトンはその中でも飛びぬけて大きい。この逆向き軌道のために海王星との潮汐力の作用でトリトンの公転にブレーキがかかり、軌道が低くなって、最終的には海王星に墜落するとみられている。

続きは引用先から


 トリトンが発見されたのは今から164年前、発見者はウィリアム・ラッセルさん。イギリスの天文学者で海王星の衛星トリトン、そして土星の衛星ヒペリオンを発見しました。

 海王星最大の衛星トリトンは、元々海王星の衛星ではなく、重力に捕らわれたものと考えられています。ですが、離心率が0.000016とほぼ完全な円軌道を描いて公転していることから、どのようにトリトンが誕生したのか、本当に重力に捕らわれた星なのか謎を残しています。

 トリトンの表面温度は34.5ケルビン(摂氏-239℃)。大気圧は僅か0.001kPaしかなく、成分は微量のメタンを含んだ窒素になっています。最近ハッブル宇宙望遠鏡の観測では、2度も気温が上がってしまう「トリトン温暖化」がみられ、また大気圧も倍増しているとのことです。

◆地球とトリトンのサイズ比較
1551.jpg

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書き込む
※記事に関する質問以外、管理人は返信を行いません。
非公開コメント

トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/985-1aa7a18e

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.